• 予約
  • 車種・料金
  • 店舗案内
  • ご利用ガイド
  • 会員専用ページ
  • カーリースについて
  • メリット
  • リース導入方法
  • リース拠点案内
  • お見積・お問い合わせ
ホーム/カーリース/カーリースについて

カーリースについて

『カーリース』という合理性。それが私達トヨタレンタリース名古屋の提案です。

自動車を取り巻く環境は、年々変化してきています。
必要なときに必要なだけの外部のシステムを利用する『カーリースシステム』は時代が求める合理的なシステムです。
当社ではトヨタグループの一員として、車両の供給からアフターサービス・コストパフォーマンスの追求に至るまで、車を通してお客様の事業合理化・業務効率改善等の総合的なお手伝いをさせて頂いております。

カーリースの種類

メンテナンスリースの方がリースのメリットをより多く受けることができますのでお得です!

カーリースには大きく分けて、ファイナンスリースとメンテナンスリースの2種類があります。

■ファイナンスリース リース会社が車両および保険・税金費用を負担し、車両の維持管理に関する一切の費用はお客さまが負担する方式で金融的性格が強いリースです。 ■メンテナンスリース 車両・税金費用の他に車両の維持管理に関する一切の費用、たとえば点検整備・車検整備・事故修理・代車提供などリース会社が負担する方式です。したがって、基本的には月々のリース料金のほかにはガソリン代だけ負担すれば自動車を使用する事ができます。(リース会社によってサービス内容に差があります。)

リースと購入の違い

購入(所有) リース(賃借)
車両代金 買い入れ代金として支出します。 使用料(リース料)として支払います。
諸税・保険料 一時的出費となります。 月額リース料に含まれます。
所有権取得 可能です。(割賦の場合は所有権留保されます。) 不可能です。(契約終了後車両返却)
経費処理 車両運搬具として資産計上します。
(固定資産増となります。)
リース料は、経費として損金計上処理します。
(固定資産は増加しません。)
車両維持管理 部局別管理の場合は非効率であり管理レベルにばらつきができます。
また、一元管理の場合は担当部局が必要となります。
メンテナンスリース契約の場合は、すべてリース会社が行います。従って管理業務が大幅に削減されます。
更新・売り払い・
抹消業務
売り払い入札・抹消手続・固定資産抹消・売り払い代金回収手続きが必要です。 リース会社に、車両を返却することですべて終了します。